お買い求めは、ストアページまで。

 
協会公認 ソフトブーメラン
「スカイラン」は軟材で作られた「ソフトブーメラン」です。小学校低学年からお年寄りまで幅広い層に楽しんでいただけます。 紙ブーメランよりダイナミックな飛び方をし、風が穏やかな日は野外でも楽しめます。

■イエロー
軟質ソフトブーメラン(1,000円)
重量:20g 翼の長さ:中心より16cm
3歳〜小学校低学年や高齢者向け。

■オレンジ
硬質ソフトブーメラン(1,200円)
重量:33g 翼の長さ:中心より16cm
イエローに比べやや硬めで投げる力が必要です。飛距離 5m〜10m(チューニングにより変化)微風時は屋外でも楽しめますが、体育館などの室内を推奨します。

*イエロー/オレンジの両方に、右利き用・左利き用があります。


スカイラン(オレンジ)の飛行風景を
関西ブーメランネットワークの
ホームページでご覧頂けます。


 注意(ちゅうい) 
したのぶんを おとなによんでもらい、おとなといっしょになげましょう。
スカイランに対する注意

スカイランは柔らかい材質のブーメランですが、取り扱いの際に生じた事故等に関して、当協会は一切責任を負いません。所有者および保護者の責任の下、適切に取り扱ってください。
スカイランを投げる時の注意

1.
2.

3.

4.
人や物を傷つけることがあります。投げる時は必ず周囲を確認し広い場所で投げてください。
初めて投げるブーメランは思いもよらぬ動きをすることがあります。初めて投げるブーメランは、必ず力を抜いて投げてください。その後、ブーメランの動きを確認しながら力を加えて投げてください。
複数名で投げる時は必ずひとりずつ順番に投げるか、各自が十分離れて投げてください。
万一、他人にぶつかりそうな時は、大きな声で危険を知らせてください。
目の安全のため、戻ってくるブーメランが目にあたらないように気をつけてください。
目を守るゴーグル(保護眼鏡)の着用をお勧めします。

チューニング方法 (図解は右利き用)
   
両手でこのように持ち、3本の翼とも
右利き用は、反時計回りに
左利き用は、時計回りに
 翼をひねります。
 
水平に見たとき、
上のように、
翼が傾いていること。

ポイント:ひねりを強くすると、飛行距離が短くなり、ひねりが弱いと、飛行距離が伸びます。




 
翼は上に反らすと高く飛び、下に反らすと低く飛びます。
翼を反らす時は3枚とも同じ程度に少しずつ反らします。

ポイント:初心者の方は少し上に反らすところから始めましょう




 
投げ方
        基本は紙ブーメランの持ち方・投げ方と同じです。
        翼の丸い凹部に親指を当て、やや目線より上の方向へ、
        縦に投げると戻ってきます。
        手首を使い、回転を与えるように投げましょう。

        屋外で投げる場合、風向きによって投げる方向が変わります。
        右利きの人は、左頬(ひだりほほ)に風が当たる方向へ
        (時計の12時から6時の方向に風が吹いているとき、2時から3時の方向へ)
        左利きの人は。右頬に風が当たる方へ投げます。
        (時計の12時から6時の方向に風が吹いているとき、10時から9時方向)

       ポイント:翼の丸い凹部にコインを貼ると飛距離が伸び
            風にも流されにくくなります。慣れてきてからお試しください。

戻る

Copyright (C)2007 Japan Boomerang Association